シミウス

シミウスとビーグレン、その違いを求めよ

シミ対策をしよう!

 

そう思ったときに何をチェックしますか?化粧品の口コミサイトやランキングサイトではないでしょうか。

 

そして必ずと言っていいほど上位にあるのがシミウスとビーグレンです。この2つに一体どのような違いがあるのか、いろいろな視点から見てみましょう。

 

→こんなに違う!シミ対策にはシミウスをチェック

 


配合成分の違いをチェック

まず配合成分から見てみましょう。シミウスはプラセンタとシコンエキスの2つ、ビーグレンはハイドロキノンです。プラセンタは今話題の若返り成分です。

 

細胞を活性化し、増やし、さらにメラニン色素の排出を促します。赤ちゃんがお母さんのお腹の中ですくすく育つために欠かせない胎盤から抽出される成分で、美容医療でも使用されています。

 

シコンエキスは美白より肌荒れやニキビ対策としての効果の方がよく知られています。またターンオーバーを正常にしますので、古い角質が剥がれ落ちていきます。するとシミの元となるメラニンも一緒に排出されますから、シミ対策になる、ということです。

 

一方ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれています。今あるシミに対して効果を発揮する上に、メラニン色素の生成を抑える働きもあります。しかし海外製のものでは日本人に強すぎるため、白斑などの副作用が起こる危険性があります。

 

シミウスもビーグレンも日本製ですから、どちらも副作用の危険性はありません。ただ日本製のハイドロキノンでも副作用の報告があるので、プラセンタ、シコンエキスの方が安全といえるでしょう。

定期コースやサービスをチェック

価格の違いから見てみると、シミウスは5122円で定期コースなら4098円です。一方ビーグレンは5つのアイテムからなり、総額28620円になります。4倍もの差がついていますが、洗顔フォーム、化粧水にクリーム、美白クリームと保湿クリームという5つのアイテムからなります。

 

なおシミウスはジェル状になっており、1つあれば10の役割を果たします。それが化粧水、乳液、保湿、美容液、クリームという基本に、パック、美白、アイクリームとマッサージクリームそして化粧下地という10役です。

 

返金保証の違いはシミウス30日間、ビーグレン365日です。1ヵ月か1年かという違いはありますが、化粧品の効果を実感するなら1ヵ月でも十分といえます。


シミウスの口コミ評価は

両者の違いを口コミでも見てみましょう。まずシミウスから紹介します。

 

「レーザー治療しないとダメかな、と思うほどひどいシミでしたが、1つ使いきるころにはだいぶ薄くなったようです」

 

「使えば使うほど肌がよみがえっていくようです。久しぶりに会った友達に肌がきれいだと言われました」

 

「オールインワンなので簡単ケアで済みます。マッサージもできるので便利ですし、肌の色もワントーン明るくなりました」

 

「美白だけではなく、毛穴の引き締まりやリフトアップ効果もあるようです。シミは3週間ほどで薄くなりましたし、マッサージを合わせれば小顔効果、あります!肌も荒れないのでもう手放せません」

ビーグレンの口コミは・・・

続いてビーグレンの口コミを見てみましょう。

 

凹凸ニキビに効果があったように思います。肌の悩みに合わせてトライアルセットを選べるのもいいですね」

 

「肌につけるとほんのりと暖かみを感じます。つけ心地もいいので気に入っていますが、目元、口元の小じわも薄くなりました」

 

「つけはじめはべたつくと思いましたが、ハンドプレスをすれば大丈夫です。重ねづけした方がいいみたいですね」

 

「テクスチャーは軽く、浸透も早かったです」

 

「数日でくすみが解消してきました。肌のきめも細かくなってきたので本当に驚いています。つけ心地も軽く、さらっとしているので使いやすいと思います」


口コミ総評をチェック

両者の口コミの違いを見てみると、シミに対して徹底的に効果を発揮するのか、ほかのトラブルにも効果を発揮するのか、ということが分かります。

 

1つ10役ということで肌に負担をかけず、時短ケアが可能なシミウス。トラブルに合わせて製品が選べるビーグレン。2つの違いをはっきりさせれば、どちらがいいかはわかるでしょう。

 

口コミの中には満足度の低いものもありますので、合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

肌への負担から考えよう

肌に負担をかけない、ということを考えるならどちらがいいのでしょうか。ビーグレンはすべてのケアを終えるのに5つのステップが必要です。

 

洗顔フォームで顔をきれいにし、化粧水で肌に成分を浸透させます。さらに3種類のクリームを塗るため、ケアするたびに肌に摩擦を与えることになります。

 

直接素肌に触れるわけではないので、大きな摩擦ではありませんが、それでも多少の摩擦は生じているのです。

 

一方シミウスは1ステップなので、それほど摩擦は与えられません。ジェル状ですから摩擦力がもともと低く、いつもの洗顔後にこれ1つでケア完了です。

 

1つで10の役割を果たすというのは肌への負担を減らすということにもつながります。肌が摩擦されると肌は傷つきます。目に見えない無数の小さな傷が硬い角質となり、毛穴をふさいでニキビになることもあります。

 

またメラニン色素を生み出し、シミの原因を作り出すことにもなりかねません。ひどい場合は肌が荒れ、化粧品の使用を中止するということにもなるでしょう。

 

ですからスキンケアの摩擦や肌の負担は少なければ少ないほどいいのです。自身の肌のこと、将来のことを考えれば、どちらがいいかは一目瞭然ですね。

 

 

→シミ対策に最適なシミウスはこちら

 

シミウスとビーグレンの総評

成分から考えれば、どちらもよさそうに思えます。プラセンタは今注目の若返り成分ですし、ハイドロキノンは使い方さえ間違えなければ強力な美白効果を発揮してくれます。

 

口コミ評価はどちらも高いです。ですからシミウスとビーグレン、どちらを選ぶか迷う方がいるのは当然ですね。しかし肌への摩擦や負担を考えるなら、ビーグレンよりシミウスの方がいい、という方もいるのではないでしょうか。

 

敏感肌の方でも使えるという意見もあります。もちろん中には相性が悪いという方もいるでしょう。ですが、摩擦が少なく肌への負担が少ない、安心して使える成分が入っているのはビーグレンよりもシミウスなのです。

 

大手ショッピングサイトでも売り上げ第1位を記録しています。それだけ満足度が高く、リピート率も高いのですから、検討のし甲斐がありますね。シミ対策をしたいという方はぜひ検討してみてください。

 

 

→シミ対策にはシミウスをチェック

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_